2021.08.04

【宮ノ前ベース】倉庫建築レポートと仏式地鎮祭

どうも、こんにちは。

Webチームの土井です。


今回は、現在建築中の当社の倉庫(兼事務所)の現場へやってきました。(7月31日)

いろいろ工事が進んでいるようですが、よくわかっていません。笑


見たところ、基礎部分の工事といったところでしょうか。


今回、「あること」を執り行うため基礎部分に上がらせていただきます。

ちょっと貴重な体験です。





さて、先程も述べた通り、本日はただ建築現場を見に来たわけではありません。

本日、地鎮祭を行います!


スタッフブログをいつも読んでいただいている方であれば、「え?前にも地鎮祭したんじゃ??」と思われるかもしれませんね。


ちなみにその記事はこちら↓

https://www.nakae-web.net/staff-blog-20210623/


以前の記事の地鎮祭は神式であり、建築する土地の氏神様をお祀りする新主様をお招きして、安全祈願を行ったものでした。


そして今回は、仏式での地鎮祭となります。

(ちなみに、今回執り行っていただいた真言宗では土公供(どこうく)と言うようです。)


大方の段取りを確認したあと、早速準備にとりかかります。

まず、穴を掘ります。

ここで、本来であれば中央に1つ、四隅に1つずつ計5ヶ所にこしらえて行うそうです。

が、今回工事の具合との兼ね合いもあり、ご住職の指示のもと中央に1つのみ掘ります。


皆でガシガシ掘り進めます。


この時、7月31日、午後3時。


厳しい真夏の太陽が照りつけます。




さて、いい感じに掘れてきました。






大方掘り終えました。この時点で16時前ほど。


その穴に、お供え物を納めます。




(この写真の後、お米・お酒もお供えしました。) 


そして、ご住職に読経いただき、供養していただきます。





そして無事、仏式地鎮祭は終了となりました。

15時ほどからの穴掘りに始まり、終了時には17時となっておりました。

ご住職、ご協力いただいた現場のお二方、本当に暑い中長時間ありがとうございました。


どうぞ、事故も何事もなく、無事立派な倉庫(兼事務所)が完成しますように。



Webチーム 土井