· 

宮ノ前ベース建築にあたり、地鎮祭を執り行いました。

 

システムチームの木村です。

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

昨日、新社屋(兼倉庫)建築にあたり、地鎮祭を執り行いました。

天気にも恵まれ、建築にあたっての関係者の方々にもご参加いただきました。

 

テントも張っていただき、イベント感漂いますね。

 

 

感染対策もしっかりししています。

アルコール消毒をしてから入場します。

 

 

地鎮祭自体は、終始厳かな雰囲気で進行していきます。

途中、麦ちゃん(トイプードル)が乱入するというハプニングもありましたが、雰囲気が和みます。笑

 

 

 

儀式自体はいくつかあるのですが、その一つ、地鎮の儀(とこしずめのぎ)では、以下の3つの動作を行います。

 

1. 鎌で草を刈る動作

2. 鍬で盛砂を崩す動作

3. 砂を均等にならす動作

 

当社の中江は鎌で最初の草を刈る動作を行います。

設計会社社長さん、施工会社の社長さんと続きます。

 

 

 

続いて当社の従業員も、玉串奉奠(紙垂(しで)がついたサカキの小枝を神前にささげます)を行います。

これ、かなり緊張します。

 

 

そして、残る儀式も終わり、神主さんが儀式の終了を告げ、地鎮祭は終了となりました。

事故もなにもなく、工事が進むことを願っています。

 

半年後には、この広大な土地に、社屋が建っているはずです。

まだ実感は無いですが、工事が進んでいくと実感も湧いてくるのでしょう。

また随時進捗などもレポートさせていただきます。

 

ではまたね★

 

# システムチーム

# 木村